ホーム > 日記 > 前段階に前もって

前段階に前もって

破産手続きの際にその債務にあたりその保証人となる人がいる場合には、きちんと話しておいたほうが無難です。

再度、強調したいのですが債務に保証人を立てている場合は自己破産の前段階に前もって考えなければいけません。

 

つまりはあなたが自己破産をしてOKが出れば保証人となる人がみなさんの借金をいっさいがっさいかぶることになってしまうからです。

 

だから、自己破産手続きの前にそれらの経緯や現状について説明して、謝罪をしておかなくてはいけないでしょう。

 

これらは保証人になってくれた人からすれば当然のことです。

 

負債者のあなたが破産の手続きをするのが原因で高額の借金が発生するわけです。

 

それで、それからの保証人の取るべき選択ルート4つになります。

 

一つめは保証人が「すべて返金する」ことです。

 

保証人となる人がすぐにでも何百万円もの借金をポンと支払うことができるぐらいの貯金を持っていれば、そうすることができます。

 

ただその場合は、あなたが破産せずに保証人である人に借金して、あなた自身は保証人自身に払っていくという手順も取れると思います。

 

その保証人が債務者と良いパートナーであるのならば、少しは完済期間を長くしてもらうことも不可能ではないかもしれません。

 

またひとまとめにして完済できないとしてもローン業者も話し合えば分割に応じるかもしれません。

 

あなたの保証人に破産手続きされると、カネがなにも返らないことが考えられるからです。

 

その保証人がカネをすべて立て替える財産がない場合は、債務者とまた同様にある中から借金を整理することを選択しなけばなりません。

 

2つめが「任意整理」によって処理することです。

 

これは債権者と話し合いを持つ方法で、3~5年の時間で弁済していく方法です。

 

実際に弁護士事務所に依頼する場合の費用の相場は債権者1社ごとに4万円ほど。

 

7社からの債務がある場合だいたい28万円かかります。

 

必要な債権者との話し合いを自ら行うことも不可能ではないですが、法律や交渉の経験のない素人の場合相手側があなたにとっては不利なプランを出してくるので、注意しなければなりません。

 

また、任意整理してもらう場合は借り入れを立て替えさせることになるのですから、あなたは時間がかかるとしても保証人に返済を続けていく必要があります。

 

次の3つめはその保証人も返済できなくなった人と同様に「破産手続きをする」という選択です。

 

その保証人も返済できなくなった人とともに破産を申し立てれば保証人の負債もチャラになります。

 

ただ、保証人が戸建て住宅などを持っているならばそういった財産を失いますし証券会社の役員等の業界にいる場合影響があります。

 

その場合は、次の個人再生を検討するといいでしょう。

 

最後に4つめの選択肢は、「個人再生をする」方法についてです。

 

土地建物等を残して債務の整理を行う場合や、破産では資格制限に触れるお仕事にたずさわっている人に選択できるのが個人再生制度による整理です。

 

この手段なら自宅は残りますし、自己破産のような職業にかかる制限、資格に影響する制限等はかかりません。

 


関連記事

福岡でカード現金化|金利の低い金融業者に借入を申し込みたいという思いを持っているのなら...。
全部の消費者金融業者が高金利というわけではなく、条件次第では銀行の金利より低金利...
1日1食で我慢できる妹のダイエットが衝撃すきる
久々に妹に会ったらびっくりするほど痩せてたの! いつもダイエットしてるって言って...
前段階に前もって
破産手続きの際にその債務にあたりその保証人となる人がいる場合には、きちんと話して...
毎度ながらの毎月の疲れがたまったときにはすし飯のシソご飯
女性には特有のことかな、と思います。毎月、コンスタントにやってくる「疲れた」と思...
緊張しいの悲しい現実
緊張すると汗をかきますよね。自分はその量が尋常じゃないんです(ー_ー) だからそ...