ホーム > 注目 > 自分なりの筋書き

自分なりの筋書き

とうとう取引する時という場面では、まずは事前対策を手抜きしてはいけません。

トレードを始める前ならば物事を合理的に眺める事が可能です。

 

しかしながら、いっぺん取引の内側に足を踏み入れるとどう工夫しても見え方が自分勝手なものになる事が多く状況によっては冷静な判断が出来なくなるリスクがあります。

 

それだけに自らの考えが落ち着いている状況で事前準備をしておくことが大切なのだ。

 

その"準備"とは、はじめは自分なりの筋書きを作成する事から始めます。

今からの相場はこうなるだろうからユーロを勝負するみたいに自分の台本を書いていきます。

次はチャートをチェックしましょう。

 

過去の為替レートの上げ下げを見て、現時点での値動きをチェックします。

 

そうしたら、「かなり安い段階になっているな」とか、もしくは「大勢の方々が買い(あるいは売り)に動いているから、これから遅れて取引しても遅いな」ということが見えてきます。

 

当たり前ですがもうしかけるのがなすすべがないと思ったら手を出さないで、それは吹っ切ることが肝心です。

 

どうやっても自分自身の筋書きを引き下げないで諦めずに売買すると外国為替相場に押し返されてしまい、むしろマイナスになる危険性があります。

 

とは言うもののかなりの状況で事前に準備している物語を作っていると、売り(または買い)が遅いなというケースにはならないでしょう。

本格的に外国為替相場が変動する前のはずだからです。

 

その次にとりあえずは自身が売買しようと決めているポジションの動きを正確に見る事が大切です。

仮定として円安に向うと推測する脚本を考えたのであれば、その外貨の変動に注意を払っておきます。

 

為替相場の推移を気をつけ始めたときではドル円は推移する素振りを見せることはなく、上がったり下がったり小さな変化を繰り返しているだけだろう。

 

だけど、その変化をきちんと確認していると、ある位置で着実に、円安へと市場が動き始めてくる。

この場面でやっと、ドル円のトレードします。

注意深く計画さえしておけばその売り買いで勝てる確率は相当高まります。

 


関連記事

頭皮のケアが顔にまで影響
美容院に行く女性委は多くいるだろうが、ヘッドマッサージの施術を受けたことのある女...
スピリチュアルブログで教えられたパワースポット
癒しの香り、癒しの空間。どこもかしこも癒しを提供してくれますが、現代人はどれだけ...
自分なりの筋書き
とうとう取引する時という場面では、まずは事前対策を手抜きしてはいけません。 トレ...